三岳村「木曽温泉」の源泉改修工事完了

リンク: 三岳村「木曽温泉」の源泉改修工事完了

特に気になったということではないんですが、
わざわざここまでしなくてもとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉・プールの複合施設、開館--諏訪 

リンク: MSN-Mainichi INTERACTIVE 都道府県ニュース.

温泉・プールの複合施設、開館--諏訪 

デパート以外にもこんな温泉が出来たんですね…
すわっこランド.
それにしても、徒歩30分って公式サイトに書くかぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諏訪の百貨店に3年ぶり温泉復活 

リンク: 中日新聞ホームページへようこそ.

諏訪の百貨店に3年ぶり温泉復活 

あの上諏訪の「デパート温泉」が復活したそうで。
以前は休憩無しの安価な料金もあったけど、今回はそういうのはなさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お湯余っちゃって「家庭にいかが」

お湯余っちゃって「家庭にいかが」

諏訪市水道局が温泉を引く家を募集中だとか。
旅館や共同浴場の利用量が減少し、お湯に余裕が出たためだそうです。
料金は毎分1・8リットルの給湯で加入金は75万6000円、1カ月あたりの温泉料が1万1340円、温泉下水使用料が2987円。

ちなみに、諏訪には計78カ所に地区住民用の共同浴場が整備されており、だれでも入れる公共的な温泉施設も13カ所あるそうです。

13って…分からないな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横谷温泉

内湯では感じなかったが、露天では塩素の匂いが少し気になった。湯は掛け流しのようだったが…
湯はやや褐色。隣の乙女滝温泉(現在日帰り浴場休業中)が無色透明無味無臭なのとは対照的。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

石遊の湯

雪の中行ったせいか、「よく来たね」と感心されてしまった。
内部の掲示資料がまたNKKのままだったのがちょっとびっくり。カレンダーはJFEだったけど。
050116_1046.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓼科温泉共同浴場

共同浴場、といいつつも経営はアルピコグループ(東洋観光事業)が行っていた。他にも例はあるが、珍しいには変わりない。
確かに休憩所等はないので、日帰り温泉とは名乗りつらいだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親湯(蓼科)

源泉名が「信玄の隠し湯」になっていたのは少し感動。
浴室の洗い場や脱衣所が畳敷きだった。これも珍しい気が。
050116_1434.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝の湯(飯田)

天竜川のほとりにある小さな鉱泉。明治7年創業なので歴史はあります。
旅館と大衆浴場が併設、入口は別だがフロントや浴室は共通という構造はまるで北東北の温泉のよう。料金は銭湯料金。お湯の特徴はそれほどないが、かすかに硫黄臭が漂っている。雰囲気といい、ちょっと湯の谷温泉(愛媛)を思い出した。
雰囲気といい、結構いい気がします。
050110_1057.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葭ヶ池温泉

旅館自体は昔からの雰囲気をだたよわせるもの。実体は日帰り入浴が主体。休憩無しなら500円。
旅館なのに脱衣所と浴室が一体化しているというのは珍しいかも。湯は素直なものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧